佐々木幸子
岡田さんはすごく
アグレッシブなかただと思います

前作『わたしたちは無傷な別人である』でチェルフィッチュ作品に初出演した佐々木幸子。
実際に参加してみると、それまでの公演を見てチェルフィッチュに持っていたイメージとはまた違う印象を受けたという。「岡田さんはいつも、どんどんと先へ進んでいるんだと思います。すごくアグレッシブなかたっていうか、どう思われようとやりたいことをやる人という風に感じますね。次の作品ではどんなことを考えているんだろうって楽しみにしています」。初出演のときとは異なる感覚で11月末のリハーサル初日を迎え、稽古場での積み重ねから新たなチェルフィッチュ観が生まれていくに違いない。