チェルフィッチュとは?

岡田利規が全作品の脚本と演出を務める演劇カンパニーとして1997年に設立。
チェルフィッチュ (chelfitsch) とは、自分本位という意味の英単語セルフィッシュ (selfish) が、明晰に発語されぬまま幼児語化した造語。
『三月の5日間』(第49回岸田國士戯曲賞受賞作品)などを経て、日常的所作を誇張しているような / していないようなだらだらとしてノイジーな身体性を持つようになる。
その身体性は時にダンス的とも評価され、05年07月ダンス作品『クーラー』で「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005~次代を担う振付家の発掘~」最終選考会ノミネートされた。
07年5月ヨーロッパ・パフォーミングアーツ界の最重要フェスティバルと称されるKUNSTENFESTIVALDESARTS2007 (ブリュッセル、ベルギー) にて『三月の5日間』が初めての国外進出を果たす。その後、アジア、欧州、北米にて海外招聘多数。
一方、国立国際美術館30周年記念公演 (大阪)、森美術館主催「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展 (東京)、横浜トリエンナーレ2008 (横浜)、Nam June Paik Art Center (ギョンギ、韓国)、あいちトリエンナーレ2010など、演劇のみならず美術展でも作品を発表し、活動の幅を広げている。

岡田利規 岡田利規
1973年生まれ。演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰。97年に「チェルフィッチュ」を結成し、横浜を拠点に活動。より遠くに行ける可能性のある作品を生み出すため、ある方法論を持ちつつも、その方法論をそれ以上「引き寄せないように、それをいつまでも掴んでいないように、すぐに手放すように」心がけるという、それ自体が不思議な方法論で演劇作業を実践する。
05年『三月の5日間』で第49回岸田戯曲賞を受賞。07年デビュー小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を発表、翌年第二回大江健三郎賞受賞。また、日本の公共劇場の委嘱作品として安部公房の『友達』やデーア・ローアーの『タトゥー』の演出をてがけ、岡田独自の解釈による新たな作品の可能性に多くの注目を集めた。
10年9月あいちトリエンナーレにて『わたしたちは無傷な別人である』を発表。
演劇のみならず、美術、文学など多方面から高い注目を集める。

↑もどる

書籍 / DVD情報
わたしたちに許された特別な時間の終わり
小説 : 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』文庫本 (新潮社/2009)
価格 : 380円(税18円)
→この商品を購入する | http://precog.shop-pro.jp
三月の5日間
戯曲 : 『三月の5日間』(白水社/2005)
価格 : 1,995円(税95円)
→この商品を購入する | http://precog.shop-pro.jp
エンジョイ・アワー・フリータイム
戯曲集 : 『エンジョイ・アワー・フリータイム』(白水社/2010)
価格 : 1,995円(税95円)
→この商品を購入する | http://precog.shop-pro.jp
三月の5日間
DVD : 『三月の5日間』 (2006)
価格 : 3,150円(税150円)
→この商品を購入する | http://precog.shop-pro.jp
フリータイム
DVD : 『フリータイム』 (2008)
価格 : 3,150円(税150円)
→この商品を購入する | http://precog.shop-pro.jp

↑もどる

主な公演歴

※初演年順

マリファナの害について
マリファナの害について
[作・演出] 岡田利規
[初演] 2003年 / STスポット (横浜)
続きを読む | chelfitsch.net
クーラー
クーラー
[作・演出] 岡田利規
[初演] 2004年
続きを読む | chelfitsch.net
三月の5日間
三月の5日間
第49回岸田國士戯曲賞受賞作品
[作・演出] 岡田利規
[初演] 2004年 / 品川スフィアメックス
続きを読む | chelfitsch.net
労苦の終わり
労苦の終わり
[作・演出] 岡田利規
[初演] 2005年 / STスポット(横浜) / 横浜STスポット演劇フェスティバル
続きを読む | chelfitsch.net
目的地
目的地
[作・演出] 岡田利規
[初演] 2005年
続きを読む | chelfitsch.net
フリータイム
フリータイム
[作・演出] 岡田利規
[初演] 2008年 / スーパーデラックス (東京)
続きを読む | chelfitsch.net
ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶
ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶
[作・演出] 岡田利規
[初演] 2009年
続きを読む | chelfitsch.net
わたしたちは無傷な別人であるのか?
わたしたちは無傷な別人であるのか?
[作・演出] 岡田利規
[初演] 2010年 / STスポット , 横浜美術館レクチャーホール
続きを読む | chelfitsch.net

↑もどる